SASAKI HIROKO FOUNDATION 一般財団法人 佐々木宏子財団

財団の設立目的

この財団法人は、美術家佐々木宏子の芸術を多角的に研究し、その真価を国内外に向けて発信するための事業を行い、世界の現代美術へ今後の指針を提示することを目的とする。

精神の重要性を提示してきた<青のあいだ> -無意識的な自然と意識的なもの- の為に、美術館又は恒常的に展示出来る空間を確保すること、海外美術館での<青のあいだ>の展覧会をすること、この二つの目的を実現する為に設立された。

<青のあいだ>とは

<青のあいだ>は精神性を重視した象徴的な捉え方の造形美であり、強靭なものをひらがなの「あいだ」で現している。
1965年20才の佐々木はルチオ・フォンタナ<空間概念>有から無に触発され、以来半世紀、無から有の造形思考に向かう。
コバルトブルー顔料一色、一つの技法、天地を暗示する一つの形で極限まで削ぎおとした抽象表現で希有な芸術領域に到達。
「青の精神—無から有」タブローとマニフェストを初個展で発表。カタログ(パリ国立図書館蔵1977年)に造形思考「無意識的な自然と意識的なもの[Unconscious Nature and Conscious Object]」を表明。
異素材・異技術・異表現の中で最初に挑戦したのが1976 年に発表したガラスオブジェであった。
美大で基本と精神を重視した先端的美術教育の現代造形専修を立ち上げ実践。
OKUSAWA CONTEMPORARY ART AND DESIGN DOCUMENTS (2012-2013年)では、ジャンルを超えて全10回の企画展を開催、プロデューサー、ディレクターとして現代美術の啓蒙活動を行った。

The purpose of
SASAKIHIROKO FOUNDATION

We engage in studying the works of SASAKI HIROKO from various angles and showing the true value of her art to the world. We contribute to suggest guidelines for the contemporary art of the world.

SASAKI HIROKO has shown the importance of spirit by her works "Ao no Aida ― Unconscious Nature and Conscious Object", We established our foundation in order to open our museum or to arrange the place to show her works permanently, and to hold exhibitions in foreign countries.